けこのアプリ開発奮闘記

アプリ開発で得た知見を共有していきます。なるべく文章が堅くならないように意識しています。

【PHP】LaravelでささっとAPIを実装してみる

こんばんは、けこです。
今日はタイトル通り、LaravelでAPIを作ってみまーす。

特定のアドレスにリクエスト -> jsonが帰ってくるっていう流れですね。今日はとりあえずGETだけ実装して後々PUTやUPDATEも作っていきます。

環境は以前の記事の環境になります。

keko5342.hatenadiary.jp

ルーティング

LaravelでAPIを作るには api.php にルーティング情報を書く必要があります。

use App\Http\Controllers\HelloController;

# ~~~略~~~

/**
 * APIのサンプルプログラム
 */
Route::get('/HelloAPI', [HelloController::class, 'index']);

併せて HelloController を作成.

php artisan make:controller HelloController

中身を修正.

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

/**
 * API用サンプルコントローラ
 */
class HelloController extends Controller
{
    public function index(){
        return response()->json(['message' => 'Hello API!']);
    }
}

いざ実行!

f:id:keko5342:20211203021142p:plain
できたー!

結構簡単にできました!Laravelはプログラムをシンプルに記述できるのが嬉しいところです。
WebだけでなくAPIもシンプルに記述することができました。

次はAPIを使った認証にチャレンジしてみます😉 それでは!